Category環境構築

CentOS7にPythonをインストール(pyenv利用)

事前に
Rubyインストール
の記事をしておくといいかと思います。

以下をコピペ&実行。

[shell]
# pyenvをクローンしてくる
sudo git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git /usr/local/pyenv
sudo git clone git://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git /usr/local/pyenv/plugins/pyenv-virtualenv

# 読み込み用のスクリプト用意
sudo touch /etc/profile.d/pyenv.sh
sudo echo ‘export PYENV_ROOT="/usr/local/pyenv"’ >> /etc/profile.d/pyenv.sh
sudo echo ‘export PATH="${PYENV_ROOT}/bin:${PATH}"’ >> /etc/profile.d/pyenv.sh
sudo echo ‘eval "$(pyenv init -)"’ >> /etc/profile.d/pyenv.sh

# 確認
cat /etc/profile.d/pyenv.sh
# スクリプトの読み込み
sudo source /etc/profile.d/pyenv.sh

# インストール(python 3.5.1)
sudo -i pyenv install anaconda3-4.0.0

# 確認
pyenv versions

# 全体に設定
pyenv global anaconda3-4.0.0
pyenv rehash
[/shell]

これでいけるはず。

CentOS7にRubyインストール(rbenv利用)

以下をコピペして実行してください。

[shell]
# 必要なものをyumる
sudo yum install -y git gcc libffi-devel zlib-devel gdbm-devel ncurses-devel openssl-devel readline-devel

# rbenvをクローンしてくる
sudo git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git /usr/local/src/rbenv
sudo git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git /usr/local/src/rbenv/plugins/ruby-build

# 読み込み用のスクリプト用意
touch /etc/profile.d/rbenv.sh
echo ‘export RBENV_ROOT="/usr/local/src/rbenv/"’ /etc/profile.d/rbenv.sh
echo ‘export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"’ /etc/profile.d/rbenv.sh
echo ‘eval "$(rbenv init -)"’ /etc/profile.d/rbenv.sh

# 確認
cat ~/etc/profile.d/rbenv.sh

# スクリプトの読み込み
source ~/etc/profile.d/rbenv.sh

# 確認
rbenv –version

# Rubyのインストール
# インストール可能なバージョン確認
rbenv install -l

# インストールしたいバージョンをインストールして設定
rbenv install 2.2.4
rbenv global 2.2.4

# 確認
ruby -v

# gem類
gem update –system
gem install bundler
gem install rake

[/shell]

とりあえず、これでRubyが使えるようになるはずです。

© 2017 Informatics Finder

Theme by Anders NorénUp ↑