[TED動画紹介] 仕事のやりがいとは何か?

TEDの動画紹介です。

全体的にめっちゃ面白い話だったんですが、自分として結構刺さったのが以下の2つの点です。

  • 人のモチベーションは簡単に高められるし、簡単になくすことができる
  • アダムスミス v.s. カールマルクス

 

1点目、人のモチベーションについて。

プレゼンターであるDan Arielyはこんな実験をしたそうです。

被験者に対してランダムな文字列の書かれた紙を渡し、同じ文字が連続して書かれている箇所を見つけてもらうといった作業してもらう。作業終了後に報酬を渡し、報酬を下げた上でもう一度同じ作業をしてもらう。
被験者が「もう意味がない」と言うまで同じ作業を繰り返してもらう、報酬がどの程度下がったところでストップするかをみる。

上記の実験を以下の3パターンに分けて行う。

1. 渡した紙に名前を書いてもらい、作業終了後それを確認する
2. 紙に名前を書かずに作業終了後は確認せずにそのまま放置
3. 作業終了後その場で紙をシュレッダーにかける

さて、上記3パターンで意味がないと作業がストップするのはいくらの報酬額でしょうか?
以下のような結果になったそうです。
(Acknowledgedが1、Ignoredが2、Shreddedが3)

グラフ

(プレゼン内から引用)

 

この結果から分かることは以下の2点であるとDanは言います。

  • 人の成果を無視する行為は人の努力を目の前で切り刻むのと同等に酷いこと
  • 人のモチベーションを高めるのはそう難しいことではないと言うこと
    (きちんと認知すれば良い)

 

このあたりをきちんと把握した上ででマネージメントとかするのは非常に重要ですね。

非常に示唆に富むと思いました。

 

 

2点目、アダム・スミス v.s. カール・マルクス(効率性 v.s. 意義)について。

自分自身、あまり詳しくはないので正確なところは分からないのですが、プレゼンの中でアダム・スミスとカール・マルクスの両者は以下のような主張を持っていると説明されています。

  • アダム・スミス:生産性をあげよう
    ピン工場の例)ピンには12の工程があり、1〜12ある工程を1人がやるのではなく、工程1をある人がやり、次の人が工程2、3とやっていくと効率が良い
  • カール・マルクス:「疎外された労働」が自分のすることの意義について考える上で非常に大切
    ピン向上の例)ピン製造の12工程全てをやることでピンを大切に思う

 

そしてDanは知識経済において効率性が意義よりも大切だと言うかつての価値観が変わり始めていると言っています。

私もその通りだと思います。
これからの仕事では一人一人が意義を持つことの重要性が増していると感じます。

効率性を重視するのも重要ですが、一人一人が意義を持って仕事ができるようにしたいものです。

【論文紹介】マッチングアプリで最初の連絡メッセージが受信者から返信されるか予測する

面白い論文を見つけたので紹介します。

題名は「Predicting User Replying Behavior on a Large Online Dating Site」です。((Xia, P., Jiang, H., Wang, X., Chen, C. X., & Liu, B. (2014, May). Predicting User Replying Behavior on a Large Online Dating Site. In ICWSM.))

日本語訳的には「大規模オンライン・デーティングサイトでのユーザーの返信行為を予測する」と言ったところでしょうか。

「オンライン・デーティングサイト」と言う用語はあまり日本で一般的でないような気がしたので、この記事のタイトルではマッチングアプリとしました。

論文自体とても読みやすく、予測系タスクに関して普通に勉強になりました。

 

と言うことで以下

  • 目的
  • 方法
  • 結果・結論

に分けて説明していこうと思います。

 

目的

The goal of this paper is to predict whether an initial contact message from a user will be replied to by the receiver. (論文より引用)

論文では、「ユーザーを”好み”や”基準”でマッチングさせるだけでなく、”連絡した時にどのくらいやりとりが発生するかも含めてマッチングさせることも重要なので、初回メッセージ後の返信が行われるかどうか予測するぜ」的なことを言ってます。

 

方法

ここがこの論文のキモなので(結論で「定式化したぜ」的なことをいっていた)、少し丁寧めに説明します。

概要

まずざっくり今回の方法を説明すると、
今回の返信予測問題を男女間の二部グラフを用いてリンク予測問題として定式化し、特徴量として「ユーザーのプロフィール」と「デーティンググラフの特徴量」を使った機械学習タスクに落とし込んだ
と言う感じになるかと思います。

予測器としては、ナイーブベイズ、ロジスティック回帰、K近傍法、SVM、ランダムフォレストを使ったみたいです。(かなりベーシックですね。)

データセット

中国のオンライン・デーティングサイト(baihe.com)のデータを使っているようです。

baihe.com

 

データの規模感としては以下のような感じです(論文より引用)。

 

f:id:rilmayer:20180304131355p:plain

 

定式化

まず、以下のような二部グラフを考えます。

f:id:rilmayer:20180303180339p:plain

誰か(ノード)を入力として、「最初の返信(リンク)」が誰(ノード)と繋がるかを予測します。

例えば u(女性1)v(男性1)とした時に、リンク (u, v) を与えたその後 リンク (v, u)  があるかどうかを予測すると言う感じになります。

予測的には、リンク (v, u)に特徴量をくっつけてあるかないか(正負)を予測している模様です。

 

特徴量

大きく分けると「ユーザーのプロフィール情報」と「ネットワーク特徴量」となります。

ユーザーのプロフィール情報はメッセージの送受信者で一致しているかなども含んでおります。

ネットワーク特徴量では、ユーザのグルーピングや、近傍の類似度的なものを使っています。

この辺は細かくなってしまうのと気力きれたので、気になる方は論文を読んでいただければと思います。

 

結果・結論

ざっくり行きます。

分類器ごとの学習結果をPrecision, recall, AUCで評価してます。

もっともよい性能を示したのは

  • 男性→女性:AUC > 0.76
  • 女性→男性:AUC > 0.8

でした。

 

その後重要な特徴量をInformation Gainとカイ二乗値で評価してます。

男性から女性の場合は送信者の年齢、収入が重要らしいです。 笑

 

 

終わりに(記事執筆者の感想など)

最近こういったデーティングサイエンス的なものに興味が出てきています。

また面白い論文があったら紹介指定こうと思います。

2018年の目標

ここでは2018年に達成したいことなどを書きます。
2019年を迎える際に振り返りを行って達成度チェックなど行いたいと思います。

目標

達成系

  • SNSのWebサービス作って公開する
  • 技術同人誌を書く
  • 学会発表を行う
  • 会社とは別の2枚目の名刺を作る

知識

  • 英語
    • 海外の学会で情報収集ができるレベル(目標:TOEIC 730点以上)
  • 経済学
    • 「価値とは何か?」と言う問いに自分の言葉で答えられるようにする
  • データサイエンス
    • 基礎的な書籍読む(ベーシックな分析方法を一通り)
    • [データサイエンティスト協会の出しているスキルチェックリスト](https://www.slideshare.net/DataScientist_JP/ss-55327068)の★×2までをクリアする(言語処理は★×3まで)
  • エンジニアリング
    • DockerとKubernetes扱えるようになる
    • RubyとPythonとGoとJavascript

習慣

  • アウトプット:1月に1本以上のペースでブログ記事を書く
  • スケジュール:意識して空白の予定を作る
  • 健康:体重等のモニタリングと消費カロリーの可視化

【TED 動画紹介】ワークライフバランスについて

“How to make work-life balance work” by Nigel Marsh

TEDの動画紹介です。

以下のようなことを言っており、なかなか興味深かったです。

小さなことが重要、バランスを良くしても人生が劇的に変わる訳ではなく、小さな投資が人生が大きく変わる

 

2017年のまとめ

2017年のまとめ

無事修士課程を修了できたので、4月からデータサイエンティストとして東京の会社に入社することができました。

2017年は学生の終わりと社会人スタートと言う年でした。

と言うことで、以下まとめ。

 

大学院

主に以下の3点です。

  • 修士論文を執筆して提出
  • 研究科長表彰受賞
  • 奨学金返済全額免除

 

仕事

メタ認知

非常に良いメンターに見てもらうことが出来て自己認知能力が飛躍的に向上しました。

自分が何を考えているかと言うことが意外と分からないので、それを知るための能力を身につける一年でした。

プロジェクトマネージメント

会社では様々なプロジェクトが動いているので、どんな感じに進めていくのかを学びました。
目標を設定して、スケジュール立てて、それを達成するというシンプルな営みが結構深い世界と言うことを知り、色々学ぶことがあるのだなと思いました。

エンジニアリング

色々できるようになりました。
以下箇条書き。

  • AWS(ECS、Lambda、EC2、VPCなど)
  • GCP(BQ、GAE、)
  • 言語(Go、Python、Ruby、R、Javascript、PHP)
  • その他(Docker、neo4j)

 

イベント

Hack Day 2017(2月)

大学院の友人(むっちりチーム)と参加しました。
いつものメンバーと言う感じです。

「いらすとか」と言うサービスを作り、そこそこバズりました。

SPAJAM2017(6月、7月)

むっちりチームで参加しました。
東京C予選で最優秀賞、決勝戦に参加するために箱根に行きました。

業界の有名人と話せたり、美味しいご飯食べれたりしてとても良い経験となりました。

オープンデータアイデアソンキャラバン 日野市(11月)

『誰でも気軽に外出できる「トイレの機能情報」の充実』と言うテーマでアイディアソンを行いました。
グループのメンバーに恵まれ、なかなか良い議論ができました。

その他、東京都のオープンデータにも明るくなることが出来ました。

Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.(12月)

むっちりチームで参加しました。

文字を読み取って、キャラクターがそれを喋る動画を自動生成するサービスを作成しました。

チームのみんなが社会人になっていることもありDockerとか使ってイケてる感じで作って見ました。

 

勉強会

同期入社のメンバーとのPRMLの読み会

企画とか運営とか色々やってましたが、今年もやって行きたい気持ちです。

ginza.rb

東京で開催されるエンジニアの勉強会に参加するのが夢でしたが、やっと参加出来ました。
今年は一回しか参加出来なかったので、来年からもっと参加したいです。

#bq_sushi

仕事でBigQueryを使うようになったので、参加しました。
googleのオフィス綺麗。

 

技術書典3に行ってきました

こんにちは。 本日、技術書典3に行って参りました。

技術書典とは

コミケの技術書バージョンだと思います。
個人や団体が、技術に関する本を作って売ってます。 参加者は出展者と会話を楽しみつつ本を買うことが出来ます。

買った本とその感想など

CLEAN CODE FOR RAILS

Rails好きとして買わざるを得ない本でした。
リーダブルコード』のRails版のような印象を受けました。
Rails中級者の人はどこかで聞いたことのあるような話が多く、これから実際にアプリを書くといった状況の人は目を通すことが推奨される内容です。

SERVERLESSを支える技術

神本。
「サーバーレスとはなんぞや」状態の人にもおすすめ出来ますし、「サーバーレスのサービス色々あるけどどれを(会社とかで)導入しようかなぁ」状態の人にもおすすめ出来ます。
個人的には各社の状況が良くまとめられており、とても実用的だなぁと思いました。
ただ一点注意があり、本の中でPython3系へ対応するサービスがないという記述がありますが、AWSのLambdaでは現在Python3系(3.6)が使えます
このように、一部サービスではサーバーレス環境での3系への対応が進んでいます。 なので、「Python3系使えないのか残念。サーバレスやめた。」とならないようにしてほしいです。

Pragmatic Opal

販売していて方がとても印象的で 「RubyでJavascript生成出来ますよ〜」 「Javascript書きたくないニャン」 などと言っており、ピクっと反応して買ってしまいました。
内容としてはOpalの解説+実践と言った内容でRubyできる人向けの内容でした。 とてもわかりやすく、Opalに興味が出ました。
後日またじっくり読みたい本です。

Crystalの本 その3

Ruby風味の言語として有名なCrystalですが、ずっと気になりつつも「いつか、学ぼう」と積ん読気味の言語でした。 そんな自分にこの本はなかなか刺さるものでして、導入から実践的なWebアプリの作成まで、そして日本語の扱いに関する注意点などCrystalに関する情報がかなりぎっしり詰まっています。   まずはこの本を読んでCrystalに馴染んで行こうかなと思います。

感想など

様々なジャンルの技術書が売られていて楽しかったです。 さらに「こんなに技術でワクワクしている人たちがいるんだ!」という嬉しさ的なものでテンション上がりました。 会場はエンジニアっぽい人がいっぱいいて、圧が強めでした。   売られている書籍(同人誌?)についてはハード系からソフト系まで幅広くカバーされており、自分が興味のあるRuby、Python、データ、プロマネなんかに関する本も何冊か発見しました。 きっと自分の興味ある本が見つかると思います。   次があればぜひ参加したいなと思います。 できればなんか本出したいっすね。

[TED動画紹介]OK Go: 素晴らしいアイデアの見つけ方

最近アイディアを考えることが多い人におすすめです。

OK Goによると、新しいアイディアについては「考え出す」というよりも「見つける」に近いとのことです。
どうやって見つけ出すのかとその過程における遊びの重要性が述べられています。

ライブも行っており、とても良い動画でした。

© 2018 Informatics Finder

Theme by Anders NorénUp ↑