Pocket

最近、研究等がなんかうまくいかないので、精神的な復活をするために、以前から読んでいた『道は開ける(著:D・カーネギー)』を読み直してみました。

やはり良い本でした。心持ち前向きになりました。

ということで、今悩みがある人が実践すると良いかもしれないポイントを3つに絞って抜粋してみました。

1. 今日だけを生きる

今日だけのことを考えることが重要です。
未来を見て現実逃避してはいけないし、過ぎた過去を後悔することもやめましょう。

今しか生きれないのに、それ以外の時間を考えて心がすり減っていないでしょうか?
「あのときああしてれば良かった」とか「来週の会議が嫌すぎる」などの無駄な気苦労はやめてしまいましょう。

2. 思考力を取り戻す

だいたいの場合、悩んでいるときは正常な思考力がありません。
なので悩みを追い出して思考力を取り戻すことが重要です。
以下の3ステップを使いましょう。

  1. 「起こりうる最悪の事態」を考える
  2. やむを得ない場合は、最悪の事態を受け入れる覚悟をする
  3. それから落ち着いて最悪の状態を好転させる努力をする

3. 悩みの害を認識する

悩みは精神的な害をたくさん引き起こすのは認識していると思います。
それだけにとどまらず、悩みは精神に加え肉体にも多くの弊害を引き起こします。

これをきちんと認識して、「悩みを追い出すことが重要」との認識をきちんと持ちましょう。

 

 

以上の3つを意識するだけでもかなり変わってくるかと思います。

余裕のある方は本を読むのがおすすめです。